「鮎のちょん掛け漁/熊本県八代市のT,H.様より」

「鮎のちょん掛け漁/熊本県八代市のT,H.様より」


      
ちょん掛け漁は水中に潜って、目視で泳いでいる鮎、ヤマメ等に針を引っ掛けます。 掛かると針部分が竹先から分離します。針部分と竹は釣糸とゴムで繋いであるので、魚が掛かった後、魚の動きを逃がしてくれるので返しがない針でも外れる事はあまりありませんし、針を外すのに時間を要しません。何より魚が傷付かないので、捕獲した後に川を上がるまで、魚が生きています。単純な仕掛けですが針も強いので今年は45pのイワナも掛けて上げる事もできました。

竹竿はこちらでは、苦竹というどこでも自生している竹を油抜きして加工しています。長さは1〜1.6mくらいの竿を川の深さだったりで使い分けています。






(2019/ 9/26掲載)




会社概要 取扱品目1 取扱品目2 お問合わせ HOME
Copyright(c) 2005 HARIYOSHI WEB All Rights Reserved.